プチ整形で悩みを解決し、楽しい毎日を送る

「親からもらった大切な顔に、わざわざ傷をつけるなんて」

と、昔は美容整形に対して、このような言葉がよく聞かれたものです。

理想を言えば、確かにそうかもしれません。

シワがあろうと、大きなシミがあろうと、自分は自分です。

まぶたが一重でも二重でも、人間の中身まで変わる訳ではありません。

こちらの鼻が低くても、他人はまったく気にしていません。

悩んでいるのは自分だけなのです。

ゆえに、自分さえ気にしなければいいだけの話なのですが、この「気にしない」

というのが、実は、本人にとってはたいへん難しいことなのです。

人間は、悩みを抱えたままで生活していると、人生を楽しめません。

明るく生きたいと思ったら、悩みを悩みと思わない強さを身に着けるか、あるいは悩みを解決してしまうしかありません。

最近の美容整形では、プチ整形と呼ばれる比較的軽微な手術が行われています。

プチ整形なら、傷みが軽くて済むし、顔が腫れることもほとんどないので、周囲の人たちに気づかれることなく、悩みを解決できるかもしれません。

人間は誰しも、何かの悩みを抱えて生きています。

子どもには子どもなりの、また親には親なりの悩みが必ずあるものです。

たとえば、若い女性ならば、自分の容姿を非常に気にします。

人生を達観している人ならば、容姿を気にするなどというのは、ちっぽけな悩みだと思えるのでしょうが、若い女性にとっては、たとえばホクロの位置でさえ、もう気になって仕方がないのです。

目鼻立ちや顔の骨格は、簡単には変えられませんが、せめて肌だけでもきれいにしようと、いろいろな化粧品を買ってきて使ってみますが、欲望には限りがなく、はては美容整形という方法を取る人もいます。

昔は偏見があった美容整形手術ですが、最近では、プチ整形と呼ばれる比較的手軽な施術が流行し、気軽に病院を訪れることができるようになりました。

美しくなりたいからといって、誰でも彼でも手術を受けることを薦めるわけではありませんが、悩み過ぎて、普段の生活に支障が出るようであれば、プチ整形を受けて自信をつけるのも悪くはないかもしれません。